大会公式ルール

ギター速弾き催促決定戦 G-1 Grand Prix 大会公式ルール

第1条 選手は規定内のピック、又は指でギターを弾くこと。ドリル等の使用は禁止とする。

第2条 試合形式 (a)試合はイントロを除くインテンポ48小節の伴奏をバックに行なわれる。 (b)第一ラウンド(先攻8小節、後攻8小節) 第二ラウンド(先攻4小節、後攻4小節、先攻4小節、後攻4小節) 第三ラウンド(先攻、後攻4小節づつ交互に16小節)

第3条 採点基準 (a)ピッキング、タッピングにより正確かつ有効な演奏が行なわれていること。 (b)採点の優先順位は、1.演奏速度(NPS=note per second)2.正確性、3.演奏難易度の順に採点し、 優勢の選手を常に10点として劣勢の選手から減点していく採点方式を取る。 (c)勝敗は3Rに対するジャッジ2名の判定+観客審判の3つの判定をとり演奏終了後に2つ以上の判定 の一致によって勝者を決定する。

補足:尚、片方の選手が途中で腱鞘炎・筋繊維断裂などの理由で演奏不能となった場合にはノックアウトとなり演奏可能な選手の勝ちとなる。